MENU

キャッツクローエキスの効能

「キャッツクロー」という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、キャッツクローは関節痛などの痛みの緩和に効果的だとして、今注目を集めているハーブのことなのです。
キャッツクローはペルーに自生するハーブなので、日本で育てることはできません。では、キャッツクローのエキスにはどのような「効能」があるのでしょうか。見ていきましょう。

 

キャッツクローエキスの効能

 

キャッツクローエキスには、様々な効能があります。主なものとして、リウマチ・関節痛の緩和、鎮静作用、抗酸化作用、免疫活性化作用などが挙げられます。薬ではないのに、なぜこのような効能が得られるのか不思議ですよね?

 

キャッツクローには、炎症の原因を抑制する「アルカロイド」が6種類も含まれています。キャッツクローのアルカロイドは

 

  • イソテロポディン
  • ミトラフィリン
  • リンコフィリン
  • テロポディン
  • イソリンコフィリン
  • イソミトラフィリン

 

の6種類です。正直どれも聞きなれないものばかりですが、これらの働きによって免疫機能のバランスが保たれ、炎症を抑制することで痛みを抑えることができるというわけです。

 

キャッツクローエキスの含まれたサプリメント

 

リウマチや関節痛に悩まされている人にとって、それらの痛みを和らげることのできる「キャッツクロー」は救世主となり得ることでしょう。そんなキャッツクローが含まれた商品にはどんなものがあるのでしょうか。

 

キャッツクローは煎じてお茶として飲むことが一般的でしたが、最近ではキャッツクローのエキスが含まれたサプリメントもたくさんあります。サプリメントの場合、キャッツクロー以外にも効果的な成分が「一緒に補える」のはメリットだと言えますね。

 

特に「キャッツクロウスカット」というサプリメントは、キャッツクローを始め、マカ、ノニ、カムカムと4種類の天然ハーブが使われています。安心と安全の証でもある「GMPマーク」を取得しているキャッツクローサプリなので、「質の高いキャッツクロー」を探している人にはぜひおすすめです。