MENU

キャッツクローのリウマチへの効果とは?

リウマチという病気をご存じでしょうか。リウマチは、免疫機能が過敏になりすぎることが原因で起こる病気です。通常、わたしたちの体を守るために働く「免疫機能」が、何らかの原因によって「自らの細胞を破壊」してしまうのがリウマチです。リウマチは根本的な原因が分かっていないため、完治することは難しいと言われています。

 

そんなリウマチの痛みを和らげることのできるものに、「キャッツクロー」があります。キャッツクローのリウマチへの効果とはどのようなものなのでしょうか。見ていきましょう。

 

キャッツクローの優れた効果

 

キャッツクローはその優れた効果から、オーストラリアではすでにリウマチの処方薬として使われています。キャッツクローには「免疫機能のバランスを整える、保つ」効果があるため、リウマチの痛みの原因をなくすことができるのです。なぜキャッツクローにそのような効果があるのかというと、それはキャッツクローに含まれるアルカロイドという含有成分「イソテロポディン」によるものです。イソテロポディンが免疫機能のバランスを保ってくれるので、リウマチの痛みを緩和することができる、というわけです。

 

その効果は、WHOでも公式に認定されるほど確かなものとなっています。

 

キャッツクローを含む製品にはどんなものがあるのか

 

キャッツクローはペルーのハーブです。わたしたちがキャッツクローを摂るには、煎じてお茶にするか、キャッツクローの含まれたサプリメントを飲むことになります。

 

おすすめは、やはり手軽なサプリメントですね。キャッツクローのサプリメントもたくさんあるのですが、高品質なものを探しているのなら「キャッツクロウスカット」をおすすめします。キャッツクロウスカットはキャッツクロー、マカ、ノニ、カムカムの4つの天然ハーブが含まれていますし、安心と安全の証でもある「GMPマーク」を取得したサプリメントだからです。

 

キャッツクローの原産地であるペルーには品質の認定制度はないため、残念ながら粗悪品や別物が出回っている可能性も否定はできないのが現状です。確実に良いものをと思うのなら、安心と安全の証でもある「GMPマーク」を取得している「キャッツクロウスカット」をおすすめします。