MENU

キャッツクローの副作用

リウマチや関節痛の痛みの緩和に効果的だとされる「キャッツクロー」を、みなさんはご存じでしょうか。キャッツクローというのはペルーに自生するハーブのことです。その効果は確かなものとして確立されていて、今注目を集めているものでもあるのです。

 

「痛みを取る」というと、「薬」を思い浮かべる人も多いと思います。薬には少なからず副作用があるものですが、果たして「キャッツクロー」に副作用はあるのでしょうか。

 

キャッツクローの副作用

 

キャッツクローは薬ではなく、自然に生えるハーブ、植物の1つです。そのため、副作用はほとんどありません。キャッツクローを飲むと、まれに、頭痛やめまい、吐き気などが起こることがあります。これが唯一の副作用と言えるかもしれませんね。

また、キャッツクローには「血圧を下げる作用」や「免疫機能のバランスを整える作用」などがあるため、3歳以下の幼児、血圧を下げる薬を飲んでいる人、臓器移植をした人には不向きだと言えます。キャッツクローの「効果」が、人によってはよくない方向に進んでしまうことがあるので気を付けましょう。

 

キャッツクローには、炎症の原因を抑制する効果があります。特に免疫機能が原因で起こるリウマチや関節痛には効果的で、「痛みが起こらないようにする」ことができます。キャッツクローは「副作用のない抗炎症剤」として、WHOに公式認定されているんですよ。

 

キャッツクローはどうやって摂る?

 

薬は副作用があるから…と飲むのをためらっている人もいるかもしれませんが、キャッツクローならその心配はありません。副作用がないので、上記でお話しした持病などのある人以外は安心して飲むことができるでしょう。

 

では、そんなキャッツクローはどのような形で摂るのがいいのでしょうか。キャッツクロー自体はペルーのハーブなので、そのまま食べるなんてことはできません。おすすめは、やはり「サプリメント」でしょう。サプリメントなら手軽なので、誰でも無理なく続けることができるからです。

 

キャッツクローのサプリはたくさん販売されていますが、中には粗悪品も混ざっているので注意が必要です。「キャッツクロウスカット」というサプリメントは、高品質な証である「GMPマーク」を取得している数少ないキャッツクローサプリです。副作用のない安全なキャッツクローで、辛い痛みを緩和できるといいですね。