MENU

関節の痛みの原因とは?

朝起きたときやたくさん歩いたときなど、ふとしたときに関節が痛むことがあると思います。特に寒い季節などは、関節が痛みやすいと言われています。

 

関節が痛むのは、その関節が炎症を起こしているからです。では、なぜ関節が炎症を起こして痛みが出てしまうのでしょうか。

 

関節の痛みが出る原因について、お話ししていきたいも思います。

 

関節に痛みが出る主な原因は、『変形性関節症』『関節リウマチ』『関節障害』が多いです。このような関節痛は、圧倒的に女性に多いです。

 

関節が痛む原因をお話しする前に、『関節の働き』についてお話ししたいと思います。

 

わたしたちの体に、関節は140ヶ所以上もあります。
骨と骨のつなぎめには、必ず関節が存在しています。

 

関節は『骨と骨をつないで動かす』ことと、『筋肉や体を支える』働きがあります。
関節の中でも、この『可動性』と『支持性』の負担が大きいのが膝です。

 

関節が痛むのは、この『可動性』か『支持性』のどちらかに何らかの障害が生じたためです。

 

運動のしすぎなどで『負担がかかりすぎたこと』や、
風邪やインフルエンザにかかって『免疫機能が過剰に反応』
してしまうことなどが考えられます。

 

関節の痛みのひとつでもある関節リウマチは、全身に分泌する膠原線維が何らかの原因で
変化して痛みが出る『膠原病』のひとつです。

 

膠原病は、関節痛の他にも発熱や体重減少、貧血などの症状が出ることが多いです。

 

このように、関節が痛む原因には様々なものがあります。
まずはサプリメントで対策をしてみてはいかがでしょうか。