MENU

関節痛の薬と副作用とは?

関節が痛いな、と思ったとき、あなたならどうしますか?おそらくたいていの人は、湿布薬などを貼るのではないでしょうか。

 

確かに、関節痛の薬ときいて浮かぶのは湿布薬やローションなどの『外用薬』だと思います。

 

このような外用薬は、肌の弱い人だとかぶれるなどの副作用が出ることがあります。関節痛がひどくて病院へ行くと、湿布薬の他に飲み薬を貰うことが多いです。

 

最初に処方されるのは『非ステロイド系消炎鎮痛剤』です。炎症を抑え、痛みを和らげることが出来ます。

 

湿布などの外用薬よりも効き目が強いことで知られています。
効き目が強い薬は、その分副作用が強く出ることもあります。

 

非ステロイド系消炎鎮痛剤の副作用は、
胃痛や食欲不振が多く、まれに喘息や腎臓・肝臓障害などが認められています。

 

胃が弱い人は、
予めその旨を伝えれば胃薬も処方してもらえますよ。

 

非ステロイド系消炎鎮痛剤で効果が得られなかった場合、
更に強い『ステロイド系』の注射をすることになります。

 

ステロイドの注射は即効性があるので、
歩けないほど痛むというようなひどい関節痛を抑えるときに使われます。

 

ただ、先ほどもお話ししたとおり、
効き目の強い薬のほうが副作用が出やすい傾向にあります。

 

薬で副作用が出やすい体質の人は、
医師としっかり相談してからにしてください。

 

また、抗がん剤や向精神薬、抗アレルギー薬などの副作用として、
関節痛がでることもあるそうです。

 

最近は、関節痛の方のサプリメントも増えています。
そういうもので対策してみてはいかがでしょうか。