MENU

運動が原因で関節痛になる?

たくさん歩いたときやスポーツをしたあとなどに、関節が痛むことがあります。若い人ではあまり見られませんが、中高年以降の世代の人には、珍しいことではありません。

 

このような運動が原因で起こる関節痛は、『膝』に多く見られます。

 

膝の関節は、歩くだけでも体重を支えるという大きな役割があります。ただ歩くだけでも、膝の関節にかかる負担はかなりのものになります。

 

それが運動をしたらどうでしょう。明らかに、歩くとき以上に負担がかかるということは言うまでもありません。どんな運動にしろ、足を使わないものはありません。

 

運動などで膝に負担がかかると、膝の関節軟骨や半月板が変形してしまい、炎症を起こします。

 

それにより、腫れたり水がたまったりするので痛みが出るようになるのです。
痛みは、曲げ伸ばしをするときや歩き始めるときなどに出ることが多くなります。

 

また、中高年になってから運動を始めた人に多いのが、
『関節障害』です。

 

年齢とともに筋肉や関節は弱くなっていきます。
それは仕方のないことですが、歳をとっても運動を楽しみたいですよね。

 

関節痛があったら、なかなか運動も楽しめなくなってしまいます。

 

関節障害の原因は、関節の軟骨がすり減ってしまうことです。

 

運動の前後にストレッチをしっかりと行うことや、
準備体操を念入りに行うことで関節障害はある程度防ぐことが出来ると思います。

 

中高年でなくても、若い頃から激しい運動をしている人は関節障害になりやすいです。

 

若いから大丈夫ということはありませんので、運動前の準備体操はとても大切なのです。
最近は、関節痛の方のサプリメントも増えています。そういうもので対策してみてはいかがでしょうか。